スマホの状態を見てどこに持ち込むべきか考えよう

image

軽微な修理なら町の修理屋がいい


スマートフォンの状態によって、修理に出したほうがいい先は異なります。ちょっとしたひび割れや故障であれば、町の修理屋で問題なく直してもらえるでしょう。純正部品にこだわりたい場合や、既にメンテナンス契約をしている場合には正規店に依頼したほうが安心です。 その理由として、軽微な修理であれば部品交換までいかずに直る可能性が高く、純正品にこだわって修理を行う正規店で直すよりも早く、安く修理が完了する可能性が高いといえます。ただし、正規店の場合、直す時に正規店ならではのアフターケアや修理のパーツだけではなく、それ以外の部分も見てもらえる可能性や、クリーニングをしてもらえる可能性が高いです。それぞれのメリットを理解して直す場所を決めましょう。

部品交換が必要となる場合には正規店へ


部品交換が必要となる場合や、かなり重い症状の場合には正規店で直したほうがいいといわれています。町の修理屋の場合、純正部品で直してもらえるかどうかわからないことと、部品を取り寄せる必要があるため修理に時間がかかるからです。 正規店の場合には純正部品で修理をしてもらえるだけではなく、部品交換まで時間がかかる場合、代替品を無料でレンタルをしてくれるサービスを提供しています。直すのに時間がかかるときでも代替品をレンタルしてもらえるため、使用できない不便さを味わうことはないでしょう。 また、修理の時に純正部品で交換してもらえるため、修理が完了した後に動作に不安を感じることがありません。修理費用がかさむ場合もあるため、事前に見積もりをもらって直すことができるのも正規店ならではといえます。